久留米市の歯科・歯医者なら、わかすぎ歯科
電話予約
初診WEB予約

小児歯科

小児歯科 pediatrics

お子さんの歯を守りましょう

お子さんの歯のお悩みは、わかすぎ歯科へご相談ください

☑ むし歯を治したいけど、痛いのは嫌がる
☑ どうしたらむし歯を予防できる?
☑ 学校の検診でむし歯が見つかった
☑ むし歯をくり返すのはなぜ?

永久歯よりも柔らかい乳歯は、歯の表面に小さな穴が数多くあるためむし歯になりやすく、また進行も早いので、早期発見が大切です。
また、乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯が正しく生えてこない、顎の変形・発達が遅れる、精神的に不安定になるなど、その後のお口に影響が及ぶ可能性があります。
乳歯の時期から適切なケアを続けて、むし歯を防ぎましょう。
当院では、お子さんのお口が健やかに成長するためのサポートをさせていただきます。
一緒にお子さんの歯を守りましょう。

年齢別 お子さんのむし歯予防

▶6ヵ月~1歳

歯医者さんデビューは、お子さんの歯が生え始めたタイミングがいいでしょう。
離乳食が始まって糖分を摂るようになるこの時期から、むし歯を予防することが大切になってきます。
また、飲みものにも気を付けましょう。赤ちゃんは甘いものを好む傾向がありますが、ノンカフェインの麦茶やぬるめの白湯などがおすすめです。
寝ている間はむし歯になるリスクが高いため、哺乳瓶をくわえたまま寝かさないように気を付けてください。
歯が生えてきたらお手入れを始めましょう。生え始めの乳歯はむし歯になりやすい状態です。
食べたり飲んだりしたあとに、ガーゼや綿棒でやさしく汚れをふきとってあげてください。

▶2~3歳

乳歯は3歳までには生えそろいます。
この時期は、おやつの食べ方に気を付けましょう。
おやつには、糖分が多くお口の中に長くとどまるアメやガムよりも、野菜スティックやくだもの、おにぎりなどが好ましいでしょう。
甘いものを欲しがる時は、お口の中ですぐ溶けてなくなるアイスクリームなどを選びましょう。
少し硬い昆布や煮干し・スルメなどは、噛む回数が自然と増え、口内衛生を守ってくれる唾液がたくさん出るのでおすすめです。
また、おやつは決まった時間帯にさっと食べられる量にし、食後の歯磨きと仕上げ磨きも忘れないようにしましょう。
けれども、毎日のお手入れをがんばっていてもトラブルは起きるもの。3歳児健診で異常がみつかれば、歯科医院にご相談ください。

▶4~6歳

歯が生えそろうと、次に気になるのは歯並びではないでしょうか。
ときどき、生えている本数や向きなどを観察し、気になることがあればご相談ください。
また、この頃になると「6歳臼歯」といわれる奥歯 (第一大臼歯)が生えてきます。一生お付き合いする歯ですから、丁寧に磨いてあげましょう。
毎日のお手入れには、子ども用のフッ素入りの歯磨き粉やデンタルフロスも使って、むし歯を予防しましょう。
まだまだ最後の仕上げ磨きも必要ですから、楽しくできるよう好きな曲をかけるなど工夫が必要かもしれません。

▶小学生

乳歯が永久歯に生え変わり始めるのは、小学校低学年の時期です。
永久歯が生えるときには「乳歯から永久歯にうまく生え変わらない」「乳歯がぐらぐらしているけどなかなか抜けない」「周りの友だちと比べて生え変わりが遅い」「寝ている時頻繫に歯ぎしりをしている」などの症状がみられることがあります。
6歳臼歯が一部分だけ出ていないなど、生え変わりの時期特有の異常がみられることもありますので、定期的に歯科医院でチェックしましょう。
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

▶中学生

この時期には歯の生え変わりが完了します。
部活動や塾で忙しくなり、歯医者に通うのは後回しにしがちです。
ですが、ジュースやスポーツドリンクなどを日常的に飲んでいると、お口の中に常に糖分が残り、むし歯や歯肉炎になる可能性が高くなることもあります。
歯科医院で定期的にブラッシング指導やPMTC(歯科医院での専門的な清掃)などを受けて、お口の中を清潔に保ちましょう。
高校生活が終わる頃には、「親知らず」が生えてくるかもしれません。
腫れや痛みがあれば、放置しないですぐに当院にご連絡ください。

お子さんのむし歯予防は当院におまかせください

わかすぎ歯科では、むし歯治療だけでなく、フッ素塗布で歯の質を強くしたり、シーラント治療で奥歯の溝や前歯の裏側を埋めたりと、むし歯予防にも力を入れています。

●フッ素(フッ化物)について

よく耳にするフッ素には「酸から歯を守る」「むし歯菌の繁殖を抑える」「歯を強くする」など、むし歯予防に有効な効果があります。
フッ素はもともと自然界に存在し、食べものなどにも含まれる栄養素なのでご安心ください。
当院では、お子さんにも使える高濃度のフッ素を塗布し、歯そのものを強くしていきます。

●シーラントについて

奥歯の溝は磨きにくく、むし歯になりやすいところです。
シーラントは、専用の樹脂で生え始めた奥歯の溝を埋めてむし歯を予防する方法で、前歯の裏側にも使われます。
生えてきたばかりの歯はやわらかいため、むし歯になる前にガードしましょう。
また、溝や歯の裏側を埋めると、お子さんご自身の歯磨きや仕上げ磨きもしやすくなります。

むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

むし歯になってから行く歯医者さんには、お子さんは「痛いことや怖いことをされてしまうところ」という印象を持ってしまうかもしれません。
ですが、歯医者さんでの「予防ケア」から始めると、「歯医者さんは怖くない」「歯医者さんに行っているからむし歯にならない」と感じていただけるでしょう。
痛くも怖くもない「予防ケア」なら、お子さんは前向きに取り組むことができます。
当院では、小児歯科診療に長け、経験豊富な歯科医師が、お子さんの気持ちに寄り添った診療を心がけています。
不安なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。