成人矯正 ADULT CORRECTION

成人矯正について

  • 歯並びをキレイにしたい
  • 口元の見た目を良くしたい

矯正歯科では、歯並びや顎の骨に力をかけることでゆっくりと動かし、「かみ合わせ」と「歯並び」を整えていきます。
歯並び・かみ合わせが整うと、口元の印象がよくなり、口元へのコンプレックスの解消にもつながります。
また、しっかりと硬いものも食べることができ、虫歯や歯周病のリスクが減り、歯の寿命を守れるなどのメリットも期待できます。
お子さんの場合、顎の正常な成長や発育もうながすことができます。
お子さんはもちろん大人の矯正治療も行っていますので、歯並び・かみ合わせが気になったらまずはご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 叢生(乱ぐい歯)

  • 上顎前突(出っ歯)

  • 反対咬合(受け口)

  • 空隙歯列(すきっ歯)

  • 交叉咬合

  • 開咬

不正咬合による悪影響

  • 食べ物をうまく噛めない
  • 歯が磨きにくいため虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる
  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 顎関節に負担をかける
  • 滑舌がはっきりしない
  • 見た目上コンプレックスになりやすい

成人矯正の治療法

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザラインは、透明なマウスピース型矯正装置です。
少しずつ形の違うマウスピースを複数使い、約2週間ごとに付け替えながら歯を動かしていきます。
目立ちにくいためまわりに知られたくない方におすすめです。また、食事や歯磨き中は外していただけます。

  • メリット

    • 矯正装置が目立ちにくい
    • 痛みを抑えられる
    • 自分でつけ外しができる
    • 虫歯のリスクが減る
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 通院回数を減らせる
  • デメリット

    • 自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります
    • 海外輸入となるため、お手元に届くまでに1ヶ月以上の時間をいただく場合があります
    • 患者さまの症例によっては使用できない場合があります
    • 長時間装着していただく必要があります
    • 装着時間が短いと、マウスピースとの適合性が悪くなり、作り直す可能性が出てきます

表側矯正

歯の表面にブラケットという金具を取りつけ、ワイヤーを通して徐々に力を加えていく矯正治療方法です。
幅広い症例に対応しており、さまざまな矯正治療に使われています。 他の矯正治療方法に比べて正確で早く、多くの歯を動かしていくことが可能です。
(プラスティックブラケットを使用します。セラミックブラケットはオプションとなります

  • メリット

    • 矯正装置が目立ちにくい
    • 痛みを抑えられる
    • 自分でつけ外しができる
    • 虫歯のリスクが減る
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 通院回数を減らせる
  • デメリット

    • 矯正していることがバレる
    • 装置で口元に厚みが出る
    • 食事で物が引っかかりやすい

舌側矯正

歯の舌側に取りつける矯正治療装置です。目立ちにくく、しっかりと歯を動かしていくことができます。
当院では、上下の歯の裏側に装置を付けるフルリンガルと、上の歯には裏側・下の歯には表側の装置 を付けるハーフリンガル、2種類からお選びいただけます。
表側矯正装置よりも治療期間がかかりますが、目立ちにくいのが特徴です。

  • メリット

    • 矯正装置が目立ちにくい
    • 前歯が引っ込みやすくなる
    • 舌癖を防止する
    • 虫歯のリスクが減る
  • デメリット

    • 表側矯正より費用が高額になる
    • 発音に支障が出る
    • ブラッシングがしにくい

矯正担当医紹介

出来田 雅人

当院の矯正治療は九州大学病院から専門の歯科医師に来てもらい、月に数回行っています。
[経歴]
平成22年 九州歯科大学歯学部歯学科卒業
平成25年 九州歯科大学大学院歯学研究院矯正学講座入局
平成29年 九州大学大学院卒業 博士号取得
現在に至る

ページトップへ