久留米市の歯科・歯医者なら、わかすぎ歯科
電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム COLUMN

マウスピース型矯正装置なら歯並びを快適に治せるのをご存知ですか?

皆さんこんにちは。

わかすぎ歯科です。

 

ご家族やご友人に、ワイヤー矯正を受けた経験がある方がいらっしゃる場合、きっと、治療期間中の苦労話を聞いたことがあることでしょう。

 

ワイヤー矯正は、歯の表面に金属製のワイヤーとマルチブラケットを数年間、装着し続けなければならないため、不便に感じる場面も多いものです。

 

その点、取り外しが自由に行えるマウスピース型矯正装置なら、不便や不自由を感じる場面も少なく、快適に歯並びをキレイにできます!

 

そもそもマウスピース型矯正とは?

マウスピース型矯正は、文字通りマウスピースタイプの矯正装置を装着することで、歯並びの乱れが徐々に改善されていく治療法です。

 

従来のワイヤー矯正とは、歯の動かし方が根本的に異なるため、その方法を詳しく知りたいという方も多いことでしょう。

 

そこでまずは当院で取り扱っているマウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリットについて簡単に解説します。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット

マウスピース型矯正装置(インビザライン)には、次に挙げるようなメリットがあります。

 

◎見た目が気にならない

 

マウスピース型矯正装置の最大のメリットは、矯正していても周囲に気付かれにくい点です。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で使用するマウスピースは、透明な樹脂で作られており、一見すると何も着けていないように見えます。

 

これは金属製のワイヤーとマルチブラケットが目立ってしまうワイヤー矯正との大きな違いですね。

 

◎痛みが少ない

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、比較的弱い力で歯を移動させるため、治療に伴う痛みも少なくなっています。

 

また、装置も滑らかな形状を呈しており、歯ぐきに刺激を与えるようなこともほとんどありません。

 

◎通院頻度が低い

 

一般的な矯正治療は、1ヶ月に1回程度の通院が必要となりますが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)なら、2ヶ月に1回程度の通院で治療を進めることができます。

 

この点も患者さんにとってはありがたいですよね。

 

◎マウスピース型矯正装置(インビザライン)のデメリット

 

もちろんマウスピース型矯正装置(インビザライン)には、デメリットもあります。

 

それは、自分で外せるがゆえに、決められた装着時間を守ることが難しく、計画通りに歯が動かないということがあります。

 

なかには「ワイヤー矯正よりも治療期間が結局長くかかった」という方もいらっしゃいます。

 

また、さまざまな症例に適応できるワイヤー矯正に比べると、歯を動かす力が劣るため、症例によっては適さない場合があります。

 

まとめ

このように、マウスピース型矯正装置(インビザライン)なら快適に矯正することが多いので、関心のある方はお気軽に当院までご相談ください。